養生粥荷葉茯苓の高尿酸血症かゆのやり方

2016-07-26

夏至暑い、人間の消化の機能が比較的弱いため、飲食する、宜あっさり肥甘おいしい食べ物、食べ過ぎないように熱い性食品、助暑い.コールド果物が八分は足らず十分はこぼれるず アリ王(ANT KING),食べ過ぎないように、好みのおいしい食べ物の損傷,高尿酸血症、肥飽き品少ないなかれ、生に化熱風を奮い立たせる疔疮の疾.夏至は多く食べて酸味、固表、多く食べて塩味を补心.老人と子供を食べる必要がある清暑、益の息、唾液の分泌を促進して、消化しやすい食べ物、リョクトウのかゆが解熱解毒利水腫れます;更に適切にいくらか赤身の肉、魚、卵を食べる食べ物.下小編だけ紹介1項の夏季の養生――荷葉茯苓粥粥.

具:ハスの葉いち枚(鮮,やることが)、茯苓ごじゅうグラム、うるち米やアワひゃくグラム、砂糖の量を.

作り方:まず蓮の葉のスープに炒めてかすへ行って、洗浄のうるち米を茯苓、またはアワスープの中に薬を煮ることと、お粥、鍋を前に白砂糖を鍋に入れ.

効果:熱を下げて暑気を払って、むしろ安心神、下痢止赤痢(心臓血管の疾病、神経衰弱者も効果).