鍋は、材料をつけないと、魚豆腐9種類の高尿酸血症添加物を超える

2016-07-15

寒い冬、鍋を食べるのは大楽しみです.近日、台灣の『康健』雑誌は現地の有名な西北、桂冠、義美、龍鳳4大ブランド共89項の冷凍火鍋食品(丸子、魚豆腐など)の食品の表示及び栄養表示を収集しました.研究は、これらの加工食品はすべて脂肪量が高く、塩多、食品添加物の種類が多すぎるなど問題が存在する.本紙は今回の調査、権威専門家を取材、火鍋の6大健康に大きな弊害をまとめているという.1、味噌をつけず、スープ、スープ、火鍋、火鍋カロリーで千.国立台灣大学バイオ技術係教授黄青真チェーンで火鍋店発見を調査して、普通の人は肉を食べるだけで,高尿酸血症、野菜、豆腐などの天然素材の熱量はたいして違わないで874キロカロリーをとり、進約214.6キロカロリーの冷凍食品の熱量を鍋、すぐ千.もし加えて大さじ1ゴマ味噌や沙茶醤、2杯飲みにスープ一杯の甘い飲み物を、最後にもうちょっとデザート、総の合わせて、ご飯食べて鍋の熱を少なくとも1500キロカロリー以上.中国住民の食事には、1日に1日だけで100キロのエネルギーが必要になるという.家で火鍋を食べて、摂取するエネルギーは更に高くて.台灣輔仁大学栄養科学部助教授刘沁瑜分析、もつ鍋店の団子、海老餃子など多く澱粉含有量が高いの低価格製品が、自分の家で鍋を食べ、価格の高い材料を買って、よく脂肪、蛋白質の含有量が高い.実は、台灣の保健福祉部国民健康署前の統計によると、もし辛味鍋をお腹いっぱい食べ、1食事は3900キロカロリー、体重増加半キロ、一週間に一度食べて、冬が5 . 3キロ太り.に、魚の中に魚がいない、海老でエビ.今回の調査では、多くの冷凍火鍋食品が有名である.魚や海老の中では魚介エキス.台灣の海洋大学生命科学学院の院長邱思魁は言うことを釈明して、いわゆるエキスは実は似チキン粉、だし汁ブロック類の濃縮抽出調味料は、調味料と魚介類とは何の関係もない.3、1つの魚の豆腐は9種類の添加物を食べます.調査によると,冠牌魚豆腐串を例にして、ひとつの魚豆腐に修飾デンプン、大豆分離蛋白粉、小麦でんぷん、味付け剤、くるみ木スモーク液、結着剤、キシローズ、トレハロース、グリシンなどきゅう、く種類の食品添加物.栄養美食首都保健学会副会長の王旭峰て《生命時報》記者、加工食品を高めるために食感、増加風味と保存期間延長、食品添加物を使わなければきっと、プラスの種類や量は合法的で、問題はない.しかし、食品添加物は多すぎる、食べ物本来の風味が食べられない.また、食品添加剤、長期大量摂取、児童の健康、そして、大人の被害は未知.市販の火鍋底料やつくね鍋などの冷凍食品の中で、最も多いの食品添加物は増粘剤、増田鮮剤、甘味料、着色剤(色素)、護色剤(亜硝酸塩),香料、酸化防止剤、さらに水分保持剤、防腐剤など.増粘剤増加食感、増鮮剤風味が増し、着色剤をカニカマ、卵のギョーザなどに本当に着に最も近い食べ物という色の上着、.