花火と爆竹の高尿酸血症爆竹の後救急処置の法則

2016-03-23

北京救急センター専門家の紹介で、花火や爆竹に傷つけられた人はけがの部位が目と手、その目は弱い.目が起こると爆傷の場合は、まず目を負傷者や顔面の污れや砂利をクリア粒など使用清水洗浄創面.皮膚表面に水疱を形成し、その破かを破かな.また、とびひには、水薬、油薬、感染のリスクが増加しないようにしてください.臨床には油薬の患者から病院へ診察を受け、医師は観察と判断を判断するために、まずそのクリアにし、傷者を増やし、傷者、負傷者に苦痛をもたらします.

p>もし目の負傷<負傷者は比較的に重くて、例えば眼破裂傷、配合容物脱出など、負傷者はとても苦痛で、目が開けられない、この時で強行をまぶたや除去脱出目以外の組織は、清潔ガーゼやタオルを覆う後直ちに病院送り.もし状況は深刻なのは、負傷者が意識不明となり、合併頭蓋内、胸腹部、四肢の損傷は、直ちに急送り届け条件の病院で診.

もしある人は

の花火、爆竹に手を爆傷血を流して、両手は応用ポンプ出血部位の上に、振りかける止血薬.もし出血が止まらないかつ量は大きくて、技術はゴム紐や粗布帯突きで出血部位の上に、高くて肢急病院に搬送し清創するが、結束をじゅうご分ごとに一回は剥離しないよう、局所貧血壊死.

北京救急センターの専門家は注意して、いったんれる人が花火や爆竹やけどで早速、やけどの部位衝冷水を防ぐために、やけどの面積の拡大で、そして消毒ガーゼをそっと傷口にない場合は、すぐにきれいに消毒ガーゼ、ハンカチ、タオルの代わりに.頭がやけどする場合、氷が濡れた清潔タオルを巻いて冷罨法.くれぐれも塗り軟膏などのスキンケア製品を引き起こすことができて、逆に細菌感染後、病院まで医者がかかる洗浄力.

(責任編集:徐晓宇)