春は日に当たって日に当たって高尿酸血症体を晒

2016-03-28

ハルヒの太陽をあかあかと、日焼けして心もすっきり.明るい春、大人の子供はすべて外で日光の愛撫を楽しむことを願って、これは人に心身の舒させるだけで、またとても良い保健作用があります.太陽エネルギーはビタミンDを補充し、カルシウムの吸収を促進し、体を鍛える.

私は太陽も多くの学問を持って、以下の3つの部位は人に最も心地良いと感じさせて、まだ健康を維持することができます.

には背中、好みと.

前は曇って、後に陽と背中を晒て、陽気の役割を果たすことができます.」北京中医薬大学の東直門病院姜良铎教授によると、陽が弱い人は手足が冷たい、伴って好みの調子が悪くて、例えばお腹も涼や冷たいものを食べました易下痢など.春は日焼けして背中を晒して、胃の寒さを祓う、消化機能を改善することができます.また、清朝の医学の家だったとして、背中を陽、心肺主のにも疏通背中バック経絡、心肺軸受.

パンパン、攣るず.

に頭がカルシウムが生える.

太陽は頭上に当たって、カルシウムの吸収を十分に促進します.洪昭のつや、多くの人が日光浴時、よく好きな帽子をかぶって、実は、春の日光はそんなに強く、厚い服を着てまたに日除け帽、根本の太陽の作用を発揮できない.