昔(高尿酸血症友情)を憶

2016-05-30

から甘い夢の中に立っていた同級生の叫ぶされて目が覚めて、私は非常に不本意のベッドから這い出した、寒い震える私慌てない綿入れを着て、歯を磨いて、外の学友にドアを開けて、そして一気に、こすり揉み手、あわてて殘りの用事を済ませ、カバンは急いで学校へ行く.

で玄関を出て行ってひとしきりの冷たい風が、私は急いで首を縮セーター襟を少し寒いので、早く起きて、霧は大きくて、私達はこの懐中電燈をしか見た僅かな光に出会ったり,高尿酸血症、また他の学生は,これを私たちの3つの増加1部の度胸、あなた1言私とがないと恐怖で、まるでは学校も多くの道に入った.

学校の扉のカギの先生を持って、誰と把握良い時間がどこですか?木枯らしに待ってる、男の子、鉄扉、鉄扉,またどんなことができるの?クラスの門は関係は開かないで、彼らはあの庭気が狂ってね、乱やなどまで煮ドアが開いて、授業を受けて、先生が、読書、我々は数人が真剣に本を読む、授業が終わって、またお腹が奔走した、歩いてさえ代の数裏道パチンコ、ご飯何口に戻りさっさと行け、また遅刻.

私はあの時苦しみ、それは疲れて、学友は付き添って、日はまずまずにまで充実して面白いです.