保健脳は4種類の高尿酸血症手の小さい動作をすることができて

2016-03-29

手は日常の健やかな脳の活動の部位が、老人にはよくして手の運動は、脳の老化予防が減って、認知症、脳梗塞や脳卒中の発生確率.あなたは家にいる時、手は空に出て、少し手の部の小さい動作をしてもいいです.

「体力不足を感じるなら、親指を360度回転させてみてはならない.回転する時は親指の指先はなるべく丸い形にする必要がない.最初はうまくいかないかもしれないが、何度繰り返しても、親指はリズムに回転し、すっきりとした気持ちになる.普通は親指の方向と逆時計の方向はそれぞれ回転する1~2分回転します.

自己握手:これは一番簡単な養生方法です.手のひらで交互に近づきぐらい一緒に握って、肝心な点は右手の親指意識的に力を入れると掴む左手の小魚際筋、左手の親指の小魚を右手に筋.3秒握りしめて両手を分けて.左右に5~6度は.

脳反応が鈍く、集中力が集中しない場合は、両手の指を交差するようにしています.手の親指は、交差してから、もう1匹の手の親指に換えて.そして指の先を自分に向けて、両手首の内側にはなるべく寄り添わていて.何度も繰り返し行う.

p>,
ed治療薬の通販;温風を吹く<手:多くの人が、シャンプー後もドライヤーで乾かし.ヘアドライヤーで手のひらを刺激すると、3~4分で、保健効果が得ます.ドライヤーを届けに手のひらで温風を感じ、少し暑い時、ドライヤーを離して、そして更に間近手のひらドライヤー.そんな繰り返しろく~ななしち度、全体の手のひらもドライヤー吹く温風を刺激する.

(実習編集:刘秀琳)